予防接種
健診・検査
平成29年度インフルエンザ予防接種
専門外来

法典クリニックでは治療薬の治験も行っています。

【日本医師会治験促進センター】
http://www.jmacct.med.or.jp/

【治験の流れ】
http://www.jmacct.med.or.jp/general/flow.html

初乳学

外科(形成外科・美容外科・皮膚科・整形外科・リハビリテーション)

外科からのお知らせ


  初診の受付は原則17時までとさせていただきます

※H27年4月より、鈴木医師は基本、往診のため金曜日の10時から12時不在(午後往診の場合もあり)となります。その時間帯は、加地医師の一人体制になり混雑が予想されます。お待たせする場合がありますがご了承ください。
木曜日の整形外科の診察は加地医師(月によっては鈴木医師)が担当になります。診療状況によりお待たせする場合がありますがご了承ください。
※鈴木医師の診療は17時までになります。火・金曜日の17時以降は、加地医師の一人体制になります。


  • 9/8(金)・11(月)・21(木)・22(金)午後の受付は16:30までになります。                           9/25(月)午後の受付は17:00までになります。
  • 9/21(木)菱沼医師は休診になります。


  • 9月の加地医師診察の変更:4日(月)⇒午前休診
  •                                       5日(火)・7日(木)・11日(月)・16日(土)・25(月)⇒終日休診                                                                               8日(金)・21日(木)・22日(金)⇒午後休診                                                                                                                                    15日(金)⇒15~16不在
  • 10月の加地医師診察の変更:2日(月)・30日(月)⇒午前休診
  •                                         12日(木)・16日(月)・17日(火)・21日(土)・23日(月)⇒終日休診                                                                     27日(金)⇒午後休診
  •     9月の鈴木医師診察の変更: 1日(金)・8日(金)・15日(金)・22日(金)⇒10~12時不在(往診)                                                                            9日(土)・12日火>⇒終日休診                                                                                               1 0月の鈴木医師診察の変更:6日(金)・13日(金)・20日(金)・27日(金)⇒10~12時不在(往診)                                                                          7日(土)・14日(土)⇒終日休診 
  •      

外科チームより

私たちのクリニックでは、外科の中でも主に形成外科を専門にしています。

形成外科というのは、皮膚や、顔面や、手足の先の腫瘍、傷などを外科的に治す分野です。簡単にいいますと、皮膚の外科です。形成外科にとって一番大切なことは、きたない傷を残さないということです。

私たちはそれに加えて、できるだけ患者さんに痛みを与えないようにしたいと考えています。

子どもに限らず、誰でも痛いことは嫌いなはずです。メスや針をつかう処置でも、工夫次第で痛みを減らすことは可能なのです。痛みが少なく、かつ、きれいな傷を日々心がけてゆきたいです。 

診療内容

外科領域 乳腺良性腫瘍、下肢静脈瘤、痔など
形成外科領域 皮膚腫瘍、外傷、やけど、瘢痕(きたなく治った傷)、巻き爪、鼻骨骨折、顔面骨骨折、手指足趾の骨折、先天性の皮膚や手足の障害、腋臭症、難治性の皮膚潰瘍、床ずれなど
皮膚科領域 水虫、爪水虫、水いぼ(伝染性軟属腫)、とびひ(伝染性膿痂疹)、にきび、帯状疱疹、口唇ヘルペス、虫刺され、かぶれ、湿疹(アトピー性皮膚炎を含む)、主婦(手)湿疹、かゆみ(皮膚掻痒症)、ふけ症、脂漏性皮膚炎など
整形外科・リハビリ領域
捻挫、打撲、肋骨骨折、小児の肘の脱臼、むちうち、ぎっくり腰、慢性的な腰痛、膝痛、五十肩、肩こり、痛風、骨粗しょう症など
美容外科(美容皮膚科)領域(自費診療)
しみ、にきび(保険外の治療)、二重まぶたの手術

検査

血液検査、レントゲン検査、骨密度、細菌検査、真菌(水虫など)検査、体表超音波検査、皮膚がんの検査(生検)、乳がん検診(触診のみ)、肛門鏡(痔)検査、アレルギー検査(血液)、金属アレルギー検査(パッチテスト)など

医師のご紹介

氏名 加地展之
略歴 平成5年 浜松医科大学卒業
聖路加国際病院レジデント
平成8年 東京大学形成外科
法典クリニック開業
平成13年 医療法人社団うつぎ会設立、理事長就任
認定資格 医学博士  日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
その他所属学会 日本血管腫血管奇形学会理事 / 杏林大学病院形成外科非常勤講師(血管腫外来)/
 獨協医科大学形成外科非常勤講師 / 東京大学附属病院形成外科診療登録医/
日本外科学会/ 日本頭蓋顎顔面外科学会
氏名 鈴木小織
モットー わかりやすい説明を心掛けます。
専門分野 形成外科一般
他人に見せにくい外陰部の皮膚トラブル、何科にかかれば
よいかわからない症状の相談もうけます。
略歴 平成11年 東京大学卒業
東京大学医学部形成外科入局     
平成13年 法典クリニック非常勤
平成22年 法典クリニック常勤          
認定資格 日本形成外科学会認定医
医学博士

環境・設備

最良の施術を行う為の設備を揃えています

形成外科、美容外科、どの分野においても、技術もさることながら設備は大変重要な部分です。患者さんの疾患状態、お悩みに対し最適な施術を施すために、日々研究を重ね、最新の医療機器を導入しております。