シミ治療

写真:シミ治療のイメージ

シミの中には、美白化粧品で改善されるものもありますが、医師の治療でしか治せないシミもあります。

美白化粧品を6ヶ月以上使っているのに効果が出なかったという方は、クリニックでの治療が必要なシミかも知れません。

シミの種類によって治療法も異なってきますので、信頼できるドクターに相談してみましょう。

診療科外科
担当医師加地 展之
診療日外来診療担当医表にてご確認ください
診療内容外用治療:
トレチノインとハイドロキノンによる積極的治療、
ハイドロキノンその他の美白剤による保存的治療があります。
2週間に1回の通院が必要で、1クールの治療期間は約3ヵ月ですが、
その後もハイドロキノン等による維持療法をおすすめいたします。
費用:お問い合わせください。

使用薬剤:
0.1%~0.4%トレチノイン水性ゲル、5%ハイドロキノン軟膏、ビタミンCローション、ヒアルロン酸など
《適応》 老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、ソバカスなど

レーザー治療:
炭酸ガスレーザーによる治療。
《適応》 ホクロ、老人性ゆうぜい(いぼ、脂漏性角化症)、汗管腫(汗ばんだときにでる目もとのブツブツ)。
他の機種によるレーザー治療は、専門機関をご紹介します。
費用:ホクロ・直径2mm未満 6,600円/1個
       直径2mm以上 12,000円/1個
   脂漏性角化症 4㎠あたり 8,000円
   (全て税込み)

※上記金額には全て消費税が含まれております。

トレチノイン治療